糸屯ちゃんの宝石箱

「今日生まれの気になった有名人」「エンタメレビュー」なんかを書いてるよ~ !!

洋楽セレクション “ The Beatles ” | 「Don't Let Me Down」

プロローグ

おはようございます、MCの白石です
本日のテーマは、洋楽セレクション
The Beatles  です!

皆さん、おはようございます
アシスタントの真行寺(しんぎょうじ)です

それでは、さっそくわたくしの方からお送りするナンバーをご紹介
させて頂きます「Don't Let Me Down」です!

では、皆さん 楽しんでってくださいね (╹◡╹)b

ワープ!!.   .    . . ...............................................
き、きえるぅぅぅ。。。( ̄□ ̄ *)( ̄□:;.:... ( ̄:;..::;.:. :::;... ... .. . .  . . .      .    .

 

The Beatles

ビートルズの名曲「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」知られざる10の真実 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

ビートルズ(英語: The Beatlesは、1960年代から1970年にかけて活動したイギリス・リヴァプール出身のロックバンド、20世紀を代表する音楽グループ

 

The Beatles

John Lennonジョン・レノン 1940年10月9日 - 1980年12月8日(40歳没)) ギター ハーモニカ ヴォーカル

Paul McCartneyポール・マッカートニー 1942年6月18日 - ) キーボード ベース ヴォーカル

George Harrisonジョージ・ハリスン 1943年2月25日 - 2001年11月29日(58歳没)) ギター ヴォーカル

Ringo Starrリンゴ・スター 1940年7月7日 - ) ドラムス ヴォーカル

 

音楽誌『ローリング・ストーン』による「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第1位にランクインしており、経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルの統計算出に基づく「史上最も人気のある100のロックバンド」でも1位となっています、またグラミー賞を8回受賞し、24回ノミネートされています

1957年にジョン・レノンがバンド「クオリーメン」を結成し、1960年に「ビートルズ」に改名しました

1962年10月5日にレコードデビューし、1970年4月10日に事実上の解散(法的な解散決定は翌1971年)"Fab Four" という愛称でも呼ばれています

活動期間中、母国のイギリスで12作のオリジナル・アルバムを発売し、その内11作が全英アルバムチャートで週間第1位を獲得

11作の週間第1位の合計獲得数は162週、年間売り上げ最高アルバム4作と、第1作『プリーズ・プリーズ・ミー』による連続30週第1位はいずれも1960年代の最高数

シングルは22作発売し、その内17作が第1位を獲得

アメリカなど世界各国においても高い販売数を記録し、全世界での総レコード・カセット・CD・ダウンロード・ストリーミングなどの売上総数は6億枚を超えており、ギネス・ワールド・レコーズに最も成功したグループアーティストと認定されています

1965年10月26日に女王エリザベス2世からMBE勲章を授与されました

1988年にロックの殿堂入り、活動前期においてはアイドルとして「ビートルマニア」と称されるファンを獲得

中期ごろからは『ラバー・ソウル』『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『アビイ・ロード』といった名盤と名高い作品を発表し、音楽的な面から評価されているほか、解散から50年以上が経過した現在でも、映画作品や記念盤が発売されるなど根強い人気を誇っています

 
Don't Let Me Down
Released     1969年4月11日 
Title        Don't Let Me Down
Songwriter(s)    Lennon=McCartney
 

「ドント・レット・ミー・ダウン」(Don't Let Me Down)

1969年4月にシングル盤『ゲット・バック』のB面曲として発売された

レノン=マッカートニー名義となっていますが、ジョン・レノンによって書かれた楽曲

1969年に行なわれたゲット・バック・セッション中にレコーディングされた本作には、ビリー・プレストンエレクトリックピアノで参加、シングル盤には「ザ・ビートルズ・ウィズ・ビリー・プレストン」と表記されています

「ドント・レット・ミー・ダウン」は、レノンが後に妻となるオノ・ヨーコに向けたラブソングとして書いた楽曲

ポール・マッカートニーは、「ジョンはヨーコと一緒にいて、ヘロイン中毒で偏執病に陥っていて危なかった、興奮したり、笑い出したり、密かに恐怖を感じていたこともあっただろう『ドント・レット・ミー・ダウン』は、そんなジョンの心の叫びだった

ヨーコにそう言おうとしてたんだね『ここから抜け出す、弱さをすべてさらけ出す、だから僕をがっかりさせないで』って…泣いて助けを求めていた」と語っています

 

エピローグ

オールミュージックのリッチー・アンターバーガーは「ビートルズの最も強力なラブソングの1つ」と評していて、スティーヴン・トマス・アールワインは「胸を締めつけるようなソウル」と評しています
ジャーナリストのロイ・カーと、トニー・タイラーは「苦悩の専門家ジョン・ウィンストン・オノ・レノンによる素晴らしいすすり泣き、今日まで最も過小評価されているビートルズの暗部の1つ」と評しています (* ˃ ᵕ ˂ )b

それでは、皆さん また、お会いしましょう 再見(ツァイチェン)!!

おっと、大事なことを忘れちゃいけない 💦

純ちゃんのおまけ を !!

よろしくね~ _ _)) ペコリンᵗʱᵃᵑᵏᵧₒᵤ 

おまけの6個とは、①人気ブログランキング ②にほんブログ村 ③ノンセクション ④音楽ランキング ⑤B!ブックマーク  離れた下に ★+ になります ( ˃ ᵕ ˂ )b

 

純ちゃんのおまけ - Blog Ranking Lists

良くても (*v.v)。  悪くても σ(^_^;)
Follow Up !! ヨロシクネ!!  (o^-')b
ブログランキング・にほんブログ村へ 

ノンセクションランキング 音楽・PVランキング

20210919120942

糸屯ちゃんねる beta test - にほんブログ村

f:id:baribari_junny:20211002135235j:plain

ソース:WikipediaYouTube、Getty Images